キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

クライエントのためにも他者の力を借りる

クライエントにはその人なりの世界があり、

その人なりの見方があります。

 

そしてキャリアコンサルタントにも

その人なりの世界、見方があります。

 

あるクライエントと面接を重ねていくうちに、

なんだかうまく進まない、

前回やるっていったのに、

なんでまたやっていないの (怒)

という迷走してしまうというか

ループに入ってしまったことはありませんか?

 

私もどうしてもこの人とだけは面接が

なかなか進まない!

といったことはありました。

 

そんな時、試しに一回だけ

そのクライエントの面接を

同僚にお願いしてみると

なぜかすっとうまく進み。。

そして私の能力が低いのか、、

と落ち込むという。。。笑 

 

これは能力というか、

そのクライエントに対して

キャリアコンサルタントの視野が

狭くなり、ある一定方向からでしか見えなく

なってしまうことから起こることではないかと思います。

 

ですので、

他の方の視点を入れるというのは正解だったように

今では思います。

 

うまく進まないな、なんだかループに入ってきたな、

というときは一度やってみてください。

 

他者の視点を入れることが難しい場合は

一度その面接を書き出すなりして、

客観的に見直してみてください。

冷静に、他の見方はないだろうか、と

検証してみてください。

できれば、周囲の方にどう見えるか、

そん書き出したものを共有して、

他にどんな視点があるか聞いてみて

欲しいです。

そしてさらに可能であれば

スーパービジョンを受けてみて欲しいです。

 

そうやって面接がなかなかうまく行かない時に

他の方の手を借りる勇気を持つことも

クライエントのために必要なことなのでは

ないかと思います。

 

f:id:officebrillo:20200601224951j:image
クライエントとキャリアコンサルタント

「関係」ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

【現在受付中サービスのご案内】

www.mutsumikawabata.site

 

【お知らせ】

LINE公式アカウントをスタートしました。

お問合せ、お申し込みなどはLINEをご利用ください。

各種試験やセミナーに関するお問合せもお気軽にどうぞ。

 

個別の90分サービスはLINEより

お申し込みいただくと、初回 に限り

90分 12000円→10000円で受けていただけます!

 

 

こちらのボタン↓もしくはQRコードから

 

友だち追加

 

 

 

 

1級対策講座のお申し込み、お支払いは

こちらからです↓

(クレジット支払いはそのままpaypalにお進みください。

銀行振込の場合は別途メールを送信させていただきます)

1級対策講座申込・お支払いはこちら