キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

クライアントが言ったので。という言い分

クライアントを理解する。

理解しようとする。

 

キャリアコンサルタントとして

当然のことです。

 

当然のことですが、これって

どういうことをすればいいのでしょうか?

 

クライアントが本当に言いたいことを

理解しようとする。

 

クライアントは

何が言いたいのか、考えることです。

 

 

事例指導をしていると

 

「クライアントがそう言ったので」

 

という言葉をよく聞きます。

 

 

これは、

職務経歴書の書き方を教えてほしい」

「私は無理なので」

などという言葉そのもの

だけを受け取っているという状況です。

 

それを言うクライアントの背景には

何があるのでしょう?

 

キャリアコンサルタントに聴きたくなるほど

応募書類が通らない

 

無理というしかないほど努力しつくしたと

思っている

 

など、クライアントの言葉の裏には

「思い」が必ずあります。

 

クライアントを理解する

とはその人そのものを理解するということ。

 

 

その時その場で表面上にでた言葉だけを

理解することではありません。

 

 

関係構築が不十分になる

大きな要因はこれです。

 

たまには自分の面接を逐語に

起こしてチェックしてみてください。

 

f:id:officebrillo:20190726134200j:image

 

現在受付中サービスはこちら↓

 

www.mutsumikawabata.site

 

8月からスタートの1級対策講座はこちら。↓ ↓ ↓

 

www.mutsumikawabata.site

 

 

お問合せは以下からお願います。