キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級2級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

パターンや型は誰のため?

クライエントとの面談というのは

本当に「ライブ」であり

クライエントが何を言い、

どんな反応をするかはその人次第です。

 

確かに日頃面談をしていると、

ああ、こういう内容を言うってことは

こう言うことだな、

とこれまでの経験から判断できることも

確かにあり、それに当てはまることも

あります。

 

ですが、やはりそれに 

当てはまらないこともあります。

また似たようなケースであっても

やはり全く同じということ

はあり得ません。

 

昨日1日をとっても全く同じように過ごした人なんて

いませんから、

それだけの景色があります。

 

技能士試験の学びにあたり、

 

最初はまず伝え返しをして

具体的にはどう言うことかを質問する、

途中でここまでの話の要約をする、

最後にはこう言うことを言う、

こんなことを言われたらこう言う、

 

 

と「型」にして覚えているということは

ありませんか?

 

もしくはそんなつもりはなかったけれど、

逐語に落としてみると、音声を聞いてみると

「パターン化」してしまっている応答などはありませんか?

 

確かにあったほうが

理解はしやすいのかもしれません。

 

が、理解しやすいのは

キャリアコンサルタントであり、

それはクライエントのためになることでは

ありません。

 

クライエントのためにならないことであり、

クライエントの世界を無視することにもなりえ、

関係性は脆くも崩れてしまいます。

 

いやいや、

試験だから試験官にアピールするためには

必要なのでは?

 

そんなお声もいただきます。

ですが「パターン化」していてそのクライエントに沿っていない応答、

対話になっていないような応答、

試験官に向けた応答だということは

試験官も気付くのではないでしょうか?

クライエントを見ていないということに

試験官も気付くのではないでしょうか?

 

試験に受かるかどうか、もちろん自分自身にとっては

大切ですが、

ロープレで借り物とはいえ目の前のクライエントの方に

真摯に尽くせるかどうか。

その姿勢を貫けるからこそ、

これからのキャリアコンサルタントとしての

自分自身の自信につながるのではないでしょうか。

 

 

 

 

f:id:officebrillo:20211017204842j:image



【現在募集中の講座】

※現在全てオンライン(Zoom)での提供としています。

【2級技能士関連】

 【2級技能士実技概要講座(動画)、対策資料の詳細申込み

www.mutsumikawabata.site

 

【2級技能士論述試験対策講座】

www.mutsumikawabata.site

 

【1級技能士関連】

【随時配信中!1級技能士論述面接概要講座動画】

www.mutsumikawabata.site

 

  【随時配信中!1級技能士向プロセス復習動画】

 

www.mutsumikawabata.site

【1級技能士実技対策テキスト随時配信中!】

www.mutsumikawabata.site

 

【1級技能士模擬ロープレ動画(アーカイブ版)】

www.mutsumikawabata.site

 

【1級技能士面接試験1日対策講座】

www.mutsumikawabata.site

 

 

【SV,技能士対策など各種90分個別セッションの詳細お申し込み】

※新規の方の複数回の申し込みはストップしています。

初めての方はまずは1回でお申し込みお願いいたします。

www.mutsumikawabata.site

 

 

  

note.com

 

 

その他ご質問・お問合せはこちら