キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級2級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

指導をするときには根拠がないと関係も崩れる

この週末くらいから1級の対策が増えていまして、

平日も夜はほぼ1級対策を実施する2月になりそうです。

 

みなさんの共通課題となる一つのポイントは、

具体的展開の部分の指導の仕方です。

 

根拠を持って指導できるか。

 

ここをみなさん苦戦されている様子です。

 

なぜそこがだめなのか、

なぜそうした方がよかったのか、

根拠が薄いと事例相談者には納得感は持ってもらえませんが

大体、根拠がなかったり、薄くなったり、

事例相談者にとっては理解できなかったりされます。

 

ということは指導に入る前に、

その根拠をしっかり二人で洗い出し、共有しておくと

いいとも言えます。

 

おそらく、指導に入る前、事例相談者に色々な質問をするはずです。

その際に質問して答えてもらって終わり。

ではなくて、

①もう一歩踏み込んで質問する

②「私はこういうふうにも捉えたんだけどどう?」ち投げかける

といったことをして、もう少し材料を洗い出してみては

いかがでしょうか?

 

事例相談者が初心者の場合、質問によっては

的外れな答えをされたり、質問の意図を理解してくれなかったりという

ことがあります。

それを放置しておくと、指導する際に

根拠となるものがでていない状況になり、

質問した意味さえなくなります。

 

そして、事例相談者としては振り回されているという感覚、

もしくは意味なく粗探しをされているという感覚になり

関係も崩れてしまいます。

 

 

キャリアコンサルタントでは

「対話」という言葉も謳われるようになりましたが、

事例指導もまた「対話」ではないでしょうか。

 

事例相談者の考えや見方をはっきりさせていくのとともに

指導者側がどう捉えたかも伝え、共有していく。

 

指導した際に事例相談者に納得してもらえない場合は

その前の部分のご自身の関わりも見直してみてください。

 

f:id:officebrillo:20201210140058j:plain

 


【現在受付中のサービス】 

 

★【1級対策ご希望の方は以下】

【1級技能士面接試験直前個別対策】

※現在1/30(土)、2/1(月)、2/5(金)、2/6(土)、2/7(日)、2/10(水)、2/15(月)受付中

 個別にロールプレイを繰り返してチェックさせていただきます!

www.mutsumikawabata.site

   

【1級技能士面接試験対策関連!セット割引も期間限定で!】

接の概要、また逐語でロールプレイの解説をしています!

概要講座の動画は視聴期間が1月の末までです!

www.mutsumikawabata.site

 

  

★【その他現在受付中のサービス】

【10名限定割引!個別キャリアコンサルティング力アップ講座!】

www.mutsumikawabata.site

 

【2/20,21開催!関係構築〜CL視点の問題把握、CC視点の問題把握〜目標設定】

www.mutsumikawabata.site

 

 

【ペースメイクのための定期キャリアコンサルティング

www.mutsumikawabata.site

 

【90分各種個別セッション】

www.mutsumikawabata.site

  

【ブログ一部お引っ越ししました!】

note.com

 

 

その他ご質問・お問合せはこちら