キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

クライエントが言う問題と本当に言いたい問題

クライエントの「主訴」って

なんでしょうか?

 

そんなの簡単だ、という方もいらっしゃる

と思いますが、

意外と難しいのです。

 

そもそも「主訴」とは何を定義しているのか?

はっきりしていますか?

 

クライエントが最初に訴えたこと

とする人もいれば

クライエントがもっとも訴えたかったこと

とする人もいます。

 

2種類あるということ。

 

 

私はシンプルに「主訴は?」と言われたら

前者のクライエントが最初に訴えたこと

と考えるようにしています。

 

ですが、後者の

クライエントがもっとも訴えたかったこと

本当に言いたかったこと

が必要じゃないということではありません。

むしろめちゃくちゃ重要です。

 

どちらも捉えなければならないし、

特に後者は難しく、捉えきれていないと

クライエントにとって意味のない面談になってしまいます。

 

問題把握や目標設定にも影響してきますしね。

 

 

あなたは両方の視点で捉えられていますか?

クライエントが言葉にはしないけれども、

訴えてくる「主訴」

に耳を傾けていますか?

 

そして捉えられているということは

きちんと言語化できるということです。

言語化できるレベルまでクライエントの

言いたいことに耳を傾けられていますか?

 

 

自分はできている、と思っていることが

実はできていないことも多い。

お家時間が多い今、

足元から見直してみてください。

 

 

f:id:officebrillo:20200414121940j:image

 

現在募集中の各種サービスは以下から

スーパービジョン、事例、論述添削は割引中です。

www.mutsumikawabata.site

1級対策講座のお申し込み、お支払いは

こちらからです↓

(クレジット支払いはそのままpaypalにお進みください。

銀行振込の場合は別途メールを送信させていただきます)

1級対策講座申込・お支払いはこちら

 

講座に関してのお問合せ、もしくはその他個別相談など

はこちらからお願いします↓

その他お申込・お問合はこちらから