キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

ここがプロの腕の見せどころ。

何度か書いていますが

関係構築

はやはりとても大事です。

 

基本中の基本でありながら、

これが十分で面接が進んでいる

というケースは実は本当にレアです。

 

なのですが、

キャリアコンサルタント

基本なので

自分はできている

と思い込んでいることが多いです。

 

私もとりあえず、クライアントが

話をたくさんしてくれたから

関係構築はOK

などと安易に捉えていました。

 

これまでの自分がやってきた仕事、

相談経緯、

相手への不満・・・

 

こういったことをたくさん話してもらえたら

満足してしまうという笑。

 

このようなクライアントが話しやすいことを

どれだけ話してもらっていても

意味はありません。

 

周囲に対する愚痴だけ聴いて1時間がすぎ

取り急ぎの方策を握る。

こんなの意味ないです。

 

 

クライアントが自分自身と向き合えるような

関わり方。

 

 

そのためには単にクライアントの言ったことを繰り返したり、

相槌を打てばいいわけではありません。

 

質問をすること。

そして

質問に答えてくれた言葉をしっかりと

拾うこと。

 

クライアントに気づきを与えるような

質問はできていますか?

 

質問に答えてくれた言葉をどのように

扱っていますか?

 

 

一度ご自身の逐語を起こし、

これらがあるかどうか

見直してみることをおすすめします。

 

f:id:officebrillo:20190607234933j:image

 

 

 

各種セミナー・研修・講演・キャリアコンサルティングのお問合せは以下からお願います。 

 

www.mutsumikawabata.site

スーパービジョンの詳細案内はこちら ↓


officebrillo.hatenablog.co