キャリコン事例指導、独立支援、技能士対策〜かわばた睦み

キャリアコンサルタント、かわばた睦みによる事例指導、1級キャリアコンサルティング技能士資格対策。キャリコン に役立つ情報を掲載しています。

口頭試問は最後の砦。表現できなかったことも

口頭試問。

面接ロープレが終わった後、

その面接の振り返りをする場面。

 

面接ロープレはどっぷり緊張の中で

行われるので、振り返れと言われても、

正直、

「何をやったのか覚えてないよ!!」

という気持ちになる場面です。

 

だからこそ、しっかりここも準備をしておいてください。

 

面接ロープレの際、場合によっては

30分の時間で最後まで行きつけなかった、

ということもありえます。

 

その時は、口頭試問の時に、

「この後どう進めるつもりだったのか」

も述べるようにしてください。

 

質問項目の中に、

「事例相談者の問題を事例相談者と共有する

ためにどのような働きかけをしましたか?」

「指導方策はどのように進めましたか?」

というような項目があります。

 

その際に実際に行ったことが不十分だった

場合、やろうと考えていたことも話すのです。

 

どこまで加点されるか、と言われると

わかりませんが、

私は試験の際、最後まで面接が

行きつかなかったので

口頭試問で補ったのは事実です。

 

とはいえ、最低限「問題把握」またそれを共有しようとする(事例相談者役に受け入れてもらうかどうかは別として)、くらいまでは行かないと合格は難しいのではないかな、と思います。

 

練習段階ではとにかく30分で面接が終了することを目指してください。

 

f:id:officebrillo:20190114200158j:image

 

 

 

 

※2/3、まだ空きはあります。

 

直前面接対策はこちら↓

 

officebrillo.hatenablog.com

<